2021年02月25日

2021年度 公認スキーA級検定員検定会 理論問題 問2

問2 次は、「公認スキー検定員規程」のうち、A級検定員の検定の範囲について記しています。検定できる範囲として適切でないものを、下記の@〜Eから2つ選び解答用紙にマークしなさい。

  A級検定員の検定範囲
    @ 全日本スキー技術選手権大会及び予選会
    A ナショナルデモンストレーター選考会
    B スキー指導員検定会(養成講習会の講師を含む)
    C スキー準指導員検定会(養成講習会の講師を含む)
    D スキー級別テストの内、ジュニアテスト
    E 公認スキーパトロール検定会






【回 答】 A E
(検定の範囲)
第4条 A・B・C 級検定員が、各々検定できる範囲は、次の各号に掲げるとおりとする。
(1)A級検定員
@ 全日本スキー技術選手権大会及び予選会
A スキー指導員検定会(養成講習会の講師を含む)
B スキー準指導員検定会(養成講習会の講師を含む)
C スキーバッジテスト(事前講習の講師を含む)
posted by きん師匠 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | A級検定員への道

2021年度 公認スキーA級検定員検定会 理論問題 問3

問3 次は、「公認スキー検定員規程」のうち、(検定内容)の条文の抜粋です。( )に適する語句や数字が正答なものを、下記の@〜Cから1つ選び解答用紙にマークしなさい。

(検定の内容)
第19条 検定は、次の各号に掲げる実技及び理論を行う。
(1)実技は、次の要領で行い、合格基準は、(ア)点に対して、合・否の的中率が(イ)%以上であり、基準ポイントに対するポイント差が±3ポイント以内とした的中率が(ウ)%以上であることをもって合格とする。
(2)採点は、対象者(エ)名を限度とし、実際の検定会及び(オ)で実施することを原則とする。

@ ア 基準  イ 80  ウ 70  エ 20  オ スキーバッジテスト
A ア 標準  イ 80  ウ 70  エ 15  オ プライズテスト
B ア 標準  イ 70  ウ 80  エ 20  オ スキーバッジテスト
C ア 基準  イ 70  ウ 80  エ 15  オ プライズテスト






【回 答】 B
(検定の内容)
第19条 検定は、次の各号に掲げる実技及び理論を行う。
(1)実技は、次の要領で行い、合格基準は、標準点に対して、合・否の適中率が70%以上であり、基準ポイントに対するポイント差が±3ポイント以内とした適中率が80%以上であることをもって合格とする。
@ 採点は、対象者20名を限度とし、実際の検定会及びスキーバッジテストで実施することを原則とする。
A 実技検定種目は、3種目実施を原則とする。
posted by きん師匠 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | A級検定員への道

2021年度 公認スキーA級検定員検定会 理論問題 問4

問4 次は、公認スキー指導者検定基準及び実施要領の抜粋です。@〜Gの検定内容のうち、( )語句が適切でないものを3つ選び、解答用紙にマークしなさい。

検定内容は、実技種目と理論とする。
実技種目は、次のとおりとする。
(基礎課程)
○(@ プルーク)            緩斜面・整地
○ 滑走プルークから基礎パラレルターンへの展開  (A 緩斜面・整地)
○ 基礎パラレルターン(B 小回り)   中急斜面・ナチュラル
○ 横滑りの展開          (C 中急斜面・ナチュラル)
(実践過程)
○ シュテムターン         (D 急斜面 ナチュラル)
○ パラレルターン大回り      (E 急斜面 ナチュラル)
○ パラレルターン小回り      (F 中急斜面・整地)
○ 総合滑降 リズム変化      (G 総合斜面・ナチュラル)





【回 答】 @ D F
検定内容は、実技種目と理論とする。
@実技種目は、次のとおりとする。
(基礎課程)
〇プルークボーゲン                緩斜面・整地
〇滑走プルークから基礎パラレルターンへの展開   緩斜面・整地
〇基礎パラレルターン 小回り           中急斜面・ナチュラル
〇横滑りの展開                  中急斜面・ナチュラル
(実践課程)
〇シュテムターン                 中急斜面・ナチュラル
〇パラレルターン 大回り             急斜面・ナチュラル
〇パラレルターン 小回り             中急斜面・不整地
〇総合滑降 リズム変化              総合斜面・ナチュラル
posted by きん師匠 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | A級検定員への道