2021年04月30日

クロのライト磨き7

image0.jpeg

綺麗になりました。

このあと、仕上げのウレタン塗装。スプレーして10分乾燥を4工程繰り返します。

繰り返すたびに曇っていきます。
そこで…。やってしまいました。完全に乾くのには1か月と、同僚に言われていたのに、軽い気持ちでピカールで磨いて台無しにしてしまいました。右側のライトはやり直しです。耐水ペーパーで磨きましたが、ウレタン塗装が完全に乾いていないため、なんともなりません。最初よりは少しマシになった程度です。プロはおそらく赤外線か何かで強力乾燥させるんでしょうねぇ。トホホ…。
posted by きん師匠 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW

クロのライト磨き6

さて、ここからピカールのお出ましです。

image9.jpeg

まずはしっかりと水気を取って、ピカールで磨いていきます。

image8.jpeg

どうですか、右と左の違いは明らかです!
image7.jpeg

image6.jpeg
posted by きん師匠 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW

クロのライト磨き5

image10.jpegだいたい10分くらい磨いたら、すべすべになってくるので、1500番に交換してひたすら磨きます。
これも10分くらいです。
image11.jpeg

1500番ごときでは、透明になりません。800番を仕上げに使ったという職場の同僚は18年目のレガシーなのですが、日本車と独車は使っているポリカーボネートが違うのでしょうか?
posted by きん師匠 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW

クロのライト磨き4

まずは800番を使って、がんがん磨きます。最初は茶色い汁が出てきます。

image13.jpeg

だんだん磨いていると、滑りが良くなり、汁の色も白く変わってきます。

image12.jpeg
posted by きん師匠 at 17:18| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW

クロのライト磨き3

image15.jpegしっかりとマスキングします。ライトの下部が段になっているので、結構面倒ですが、テープは余分に
あるので、どんどん使います。

image14.jpeg
posted by きん師匠 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW

クロのライト磨き2

必要なものを買いそろえた。1軒目のDIYの店には、キモとなるウレタン系スプレーが置いてなく、やむなく車を走らせ2軒目で調達。結構、値が張る上に開封後1日保たない。勿体ないが仕方ない。
耐水ペーパーは800番と1500番を用意。職場の同僚は400番と800番でやったらしいが、ネットの情報を見ていると、1000番と2000番という輩も居たので、その間をとってみた。
あとは、マスカーテープと手持ちのピカールを用意。

image16.jpeg
posted by きん師匠 at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW

クロのライト磨き1

11年目に突入したクロのライトが余りにも曇っているので、磨くことにした。過去に何度か、ディーラーやGSに頼んでやってもらったのだが、最近とみにひどいのでDIYでやることにした。
image18.jpeg
image17.jpeg

ご覧の様に、かなりの曇り。新車時と比べて、照度が落ちすぎ。
posted by きん師匠 at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | BMW