2016年09月30日

7.消費設備の技術上の基準

問1 消費設備(質量により液化石油ガスを販売する場合におけるものを除く。)の技術上の基準について
イ 配管、ガス栓及び末端ガス管と燃焼器の間の管は、使用上支障のある腐しょく、割れ等の欠陥がないものでなければならない。



ロ 液化石油ガスの消費量が15キロワットの屋内に設置するガス湯沸器(密閉式のものを除く。)であって、排気筒が設けられているものは、その排気筒の有効断面積以上の有効断面積を有する給気口その他給気上有効な開口部が設けられた室に設置されていなければならない。



ハ 自然排気式のガスふろがま(屋内に設置するものに限り、密閉式のものを除く。)の排気筒(排気扇が接続されているものを除く。)の有効断面積は、そのガスふろがまの排気部との接続部の有効断面積より小さくなければならない。

誤 接続部の有効断面積より小さくないこと、と規定されている。

問2 消費設備(質量により液化石油ガスを販売する場合におけるものを除く。)の技術上の基準について
イ 屋内に設置する自然排気式のガスふろがま(密閉式のものを除く。)の排気筒に接続される排気扇は、排気ガスに触れる部分の材料が不燃性のものでなければならない。



ロ 末端ガス栓は、特に定められた場合を除き、所定の方法により、燃焼器と接続されていなければならない。



ハ 腐しょくを防止する措置を講じた配管は、建物の基礎面下に設置することができる。

誤 配管は建物の基礎面下に設置してはならないと規定されている。

問3 消費設備(質量により液化石油ガスを販売する場合におけるものを除く。)の技術上の基準について
イ 配管を修理するとき、その配管から液化石油ガスが漏えいすることを防止するための措置を講じれば、その修理が終了したときに、その配管から石化石油ガスの漏えいのないことを確認するための措置を講じる必要はない。

誤 配管は漏えい試験に合格するものであること、と規定されている。

ロ 末端ガス栓と燃焼器とを硬質管、液化石油ガス用継手金具付低圧ホース、ゴム管等を用いて接続する場合は、所定の規格に適合するものを用いなければならない。



ハ 屋内に設置されている密閉式のガス湯沸器(暖房兼用のものを含む。)の吸排気部の天井裏、床裏等にある部分(給気に係る部分を除く。)は、金属以外の不燃性の材料でおおわれている必要はない。

誤 吸排気部の天井裏、床裏等にある部分(給気に係る部分を除く。)は、金属以外の不燃性の材料でおおわれていること、と規定されている。

問4 消費設備(質量により液化石油ガスを販売する場合におけるものを除く。)の技術上の基準について
イ 生活の用に供する液化石油ガスに係るものである場合、ガスメーターと燃焼器の間の配管その他の設備がその燃焼器の入口において保持しなければならない液化石油ガスの圧力範囲の最高値は、3.5キロパスカルである。

誤 生活の用に供する液化石油ガスに係るものにあっては、2.0キロパスカル以上3.3キロパスカル以下と規定されている。

ロ 配管は、0.8メガパスカル以上の圧力で行う耐圧試験に合格するものでなければならない。



ハ 自然排気式のガスふろがま(屋内に設置するものに限り、密閉式のものを除く。)の排気筒(排気扇が接続されているものを除く。)の有効断面積は、そのガスふろがまの排気部との接続部の有効断面積より小さくなければならない。

誤 排気筒の有効断面積は、当該燃焼器の排気部との接続部の有効断面積より小さくないこと、と規定されている。
posted by きん師匠 at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 高圧ガス第二種販売主任
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185673380
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック