2021年02月25日

2021年度 公認スキーA級検定員検定会 理論問題 問11

問11 次は、「クラウンプライズテスト」の種目および実施要領の内容の抜粋です。( )に適する語句が正答なものを、下記の@〜Cから1つ選び解答用紙にマークしなさい。

(1)テストの種目については、次のとおりとする。
 クラウンプライズテストの実技テスト種目
 ○ パラレルターン ・ 大回り      /  ナチュラル ・ 急斜面
 ○ パラレルターン ・(     )    /  ナチュラル ・ 急斜面
 ○ パラレルターン ・ 小回り      / (    ) ・ 中急斜面
 ○ (     )            /  ナチュラル ・ 総合斜面
(2)会場の設営については、実施要項の斜面設定を目安に、(エ)状況、条件を把握し、前走者を活用する等(オ)に留意し、コースの長さ、幅、回転数等の規制については、主任兼定員及び検定員の判断に委ねる。

@ ア 小回り  イ 不整地  ウ 総合滑降  エ 斜面の  オ 安全
A ア 小回り  イ 不整地  ウ 総合滑降  エ コース  オ 安全
B ア 中回り  イ 整地   ウ 制限滑降  エ 斜面の  オ 運営面
C ア 小回り  イ 整地   ウ 総合滑降  エ コース  オ 運営面






【回 答】 A
(1)テストの種目については、次のとおりとする。
@ クラウンプライズテストの実技テスト種目
○ パラレルターン・大回り / ナチュラル・急斜面
○ パラレルターン・小回り / ナチュラル・急斜面
○ パラレルターン・小回り / 不整地・中急斜面
総合滑降 / ナチュラル・総合斜面
A テクニカル プライズ テスト の実技テスト種目
○ パラレルターン・大回り / ナチュラル・急斜面
○ パラレルターン・小回り / ナチュラル・急斜面
○ パラレルターン・小回り / 不整地・中急斜面
○ 総合滑降 / ナチュラル・総合斜面
(2)会場の設定については、実施要項の斜面設定を目安に、コース状況、条件を把握し、前走者を活用する等安全に留意し、コースの長さ、幅、回転数等の規制については、主任検定員及び検定員の判断に委ねる。
posted by きん師匠 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | A級検定員への道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188436040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック