2021年02月25日

2021年度 公認スキーA級検定員検定会 理論問題 問13

問13 次は、「公認スキー指導者研修会規程」の抜粋です。@〜Cの記述で適切でないものを2つ選び、解答用紙にマークしなさい。

@ 加盟団体が主催し、所属団体が主管する。
A 公認スキー学校主任教師研修会、スキー大学、スキー技術員研修会などは、特定行事として、これに参加した役員及び参加者は、指導者研修を修了したものとみなす。
B 研修会は、理論1単位、実技2単位とし、1単位の研修時間は2時間を原則とする。
C 主任講師は、専門委員またはスキー技術員とする。






【回 答】 @ B
第1条 公認スキー指導者規程第7条第1項第1号に定める指導者研修会( 以下「研修会」という。)は、本連盟が主催し、加盟団体主管のもとに行い、会場は、「(公財)全日本スキー連盟公認スキー指導者研修会××会場」と称する 。

第2条2 スキー中央研修会は、特定行事として、これに参加した役員及び参加者は、スキー指導者研修、スノーボード指導者研修、パトロール研修、クロスカントリー指導者研修を修了したものとみなす。
3 公認スキー学校主任教師研修会は、特定行事として、これに参加した役員及び参加者は、スキー指導者研修、スノーボード指導者研修、パトロール研修、クロスカントリー指導者研修を修了したものとみなす。
4 スキー大学は、特定行事として、これに参加した役員及び参加者は、スキー指導者研修を修了したものとみなす。
5 スキー技術員研修会は、特定行事として、これに参加した役員及び参加者は、スキー指導者研修、スノーボード指導者研修、パトロール研修、クロスカントリー指導者研修を修了したものとみなす。
6 公認スキー指導員検定会の役員及び受検者は、前項に準じて研修を修了したものとみなす。

第5条 
(2)研修会は、理論2単位、実技4単位とし、1単位の研修時間は2時間を原則とする。
(3)主任講師は、専門委員またはスキー技術員とし、講師は、専門委員、スキー技術員、ナショナルデモンストレーター、SAJデモンストレーターとする 。ただし、加盟団体主管の研修会においては、主管加盟団体長が選任する者を活用できる。また、スノーボード指導者研修会及びスキーパトロール研修会が同時開催される場合、スキー指導者研修会の主任講師が、これを兼ねることができる。なお、SAJ主催主管の技術員研修会についても、同様の取扱いとする。
posted by きん師匠 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | A級検定員への道
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188436111
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック